blog / moeracode.net


Review: PocketWiFi用大容量バッテリーは本当に大容量か?

投稿者: かずな, カテゴリー: Review

普段からiPod touch + PocketWiFiのヘビーユーザーなかずなですが、会社にいる時は給電先があるので安心して使えるものの一日フリーで外出時に持っていく際にはどうしても気になっていたのがその使用可能時間の短さ。

 

連続使用時間は4時間らしいですが、連続して使用する事はないにしろ、ちょくちょくついったーやメールを確認しますのでほぼつなぎっぱなしな状態になりがちで、朝に持っていくと夕方になる前にはLow Battery状態になってしまい、十分には使用できない状態でした。

 

そんな中、ついったー上でPocketWiFi用の大容量バッテリーの予約が始まっている、という情報を手に入れたので、これは是非一度試してみなければと即予約注文を行いました。

そしてひと月ほど待ってようやく昨日実機が届いたので、どのくらい持つのかバッテリーのならしも兼ねて試してみました。

 

ちなみに元バッテリーと比べると厚みがこのくらい違いますw

pocketwifi_mp

 

まず充電ですが、フル充電になるのに結構時間かかりましたw

説明書上には12時間とありましたが、それほどかからなかったものの、8時間くらいはかかったかもしれません(放置状態だったので正確な時間はわからず。)

 

その後は連続使用実験の為にiPhoneアプリのUstream Viewerを使って連続ストリーミング受信を試してみました。

試した結果は以下の通り。

 

 ・フル充電から、7時間30分Live配信の番組を連続視聴する

 ・(就寝の為、一旦停止。PocketWiFiの電源も落とす。)

 ・さらに6時間20分Live配信番組を視聴したところでPocketWiFiの電源が落ちる

 

以上から、合計13時間50分視聴できたという事で、見た目だけじゃなく本当に大容量だという事がわかりましたw

途中休憩をはさんだので長く使用できた、というのもあるかもしれませんが、まず最初の7時間30分連続使用できた時点で通常バッテリーを余裕で上回ってますw

前半の7時間30分の時にPocketWiFi上で表記の残りバッテリー残量は1本になっていました。

そこからの粘りがすごいですねw

ちなみにLowBattery状態になってから電源が落ちるまでに40分以上かかりましたよw

 

まだ一回しか試していないし、通常使用ではないので微妙なレビューですが、初期バッテリーを軽く凌駕する実力というか容量を持つバッテリーである事は十分に実感できました。

これなら充電して朝持っていっても、夜帰ってくるまで思いっきり使えるんじゃないかなと思います。

重さも増え、本体は大きくなるものの、十分携帯できるレベル(ポケットに直接入れるのはオススメできませんがw)なので、PocketWiFiをヘビーに使用するユーザーなら買う価値は十分にあるんじゃないでしょうか。

 

外装に関してですが、基本的にその大きさに合わせて厚みを持たせてボタンやUSBポートの形などはしっかりとPocketWiFiに合わせて作っているのですが、少しサイズがあってなくてがくつく事があります。

カバーや中のバッテリーが脱落するような事はまずありませんが、人によっては気になるかもしれません。

あと、厚みがある分、カバーの取り外しに少しコツが要ります。

カバーを外した時に一緒にバッテリーがはずれそうになる事があるので、電源入れっぱなしでのカバーの取り外しはしない方がいいかもしれません。

 

この商品(HLI-E5830XL)の購入に関しては、こちらのショップのページで購入できるのですが、現在は諸事情により購入ができなくなっています。

(商品が届く前のメールから想像するに輸入元での問題のようですが・・・)

早く購入ができるようになるといいですね!

コメント(1)

  

ついったー