blog / moeracode.net


Tips: Windows7 64bits版でMonster-Xiを使う

投稿者: かずな, カテゴリー: Tips

スレ見たり検索したりしてようやく使えるようになったのでメモ書き。

※ここで紹介しているものは、Windows7上でMonster-Xiが動作することを保証しているものではありません。紹介された手順を実行して起こった一切の事に関してかずなは一切の責任を負いません。ご了承下さい。
 

Windows7の64bits版でMonster-X(もしくはMonster-Xi)+MxCaptureを使う為に必要条件は多分以下の通り。

  • 64bits向けのTest版ドライバを使用
  • メモリが4GB未満
  • ふぬああを使用

64bits版を使っている上でそもそもメモリ4GB未満に制限されるとか、不便になった32ビット版みたいな状態でなんら利点ナシ。

だからといって、キャプチャの為だけに別にOS入れるのもHDDの無駄だし・・・

というわけで、OSは新規にいれずにメモリは4GB以上挿した状態でメモリを切り替えられるような対策を考えました。

 

ていっても普通に起動した状態で物理メモリサイズを変更するってのは無理そうなので、ブートマネージャーに4GB以上のメモリを認識させて起動する版と4GB未満で認識させて起動する版を入れて選択できるようにしました。

こんな感じに。

Windows7_Boot

WindowsXP以前だとboot.iniをいじっていたと思うんですが、Windows7ではbcdedit.exeてのを使用します。

あまり詳しく説明すると長くなりすぎるので手順だけひたすら箇条書きで行きます。

Windows7以外のOSをいれて何もしていないのを仮定して。

  1. コマンドプロンプトを管理者権限で立ち上げる
  2. 現在の設定を念のためバックアップに取っておく
    > bcdedit /export “C:\backup”
  3. 現在の起動設定をコピーする(リスト表示名もここで)
    > bcdedit /copy {current} /d “Windows 7 Monster-X用”
  4. 現在の設定を表示して、コピーされたブートローダーのID(identifierの項目)の値を確認し、メモしておく
    > bcdedit
  5. 物理メモリが3.25GB以下になるように、現在の物理メモリから差し引きメモリ(メガバイト単位で)を計算する
    ボクの場合は8GBなので、8*1024-(3*1024+256)=4864MB
    > bcdedit /set {コピーのID} removememory 4864
  6. 再起動するとブートするリストが表示されるはずなので、”Windows 7 Monster-X用”を選択。[スタートメニュー]⇒[コンピューター]⇒[プロパティ]を開いて現在のメモリを確認する

これでメモリの欄に(3.25GB 使用可能)とあればOKです。

4GB未満でも3.5GBだとブルースクリーン食らったので、少なめに抑えてます。

Windows7_Monster-Xi_RemoveMemory

ここまでできたら、あとはソフトとドライバーをインストールするだけです。

全部インストールが終わるまでは映像信号を入力しないよう注意してください(自動認識してブルースクリーンが見られる可能性があります。)

  1. 64bits版テストドライバーをかりんと!から入手して、書いてある通りにインストールする
  2. Monster-Xiの公式ソフトをインストールする(Vista用)
  3. ふぬああをダウンロードし展開しておいて、かりんと!のこのページにあるhunuaaAUXinstallのbatファイルをふぬああフォルダにいれる。インストールには管理者権限が必要ですが、バッチをそのまま管理者権限で立ち上げてもカレンドディレクトリが変わってインストールに失敗するので、batファイルを書き換えるか、コマンドプロンプトを別に立ち上げてからふぬああのディレクトリ移動してbatファイルを実行します
  4. MxCaptureをインストールして、かりんと!にある通りにマルチプレクサーにhunuaa AVI Muxを設定する

これで終了です。

 

本当は64bits版対応の正式ドライバーとソフトが出てくれればいいんですが、ほぼ公式はあきらめたみたいですね…

ブート時の選択はどちらかよく使う方をデフォルトに設定してると使いやすいかもしれませんね。

[スタートメニュー]⇒[コンピューター]⇒[プロパティー]⇒[システムの詳細設定]⇒[起動と回復]⇒[設定...]から変更できます。

また、この対応で余ったメモリはフリーソフトでRAMディスク化して有効利用するのも有りかもしれません。

 

お疲れ様でした。

 

検索ワード: ウィンドウズ7、64ビット、もんぺけ、MonsterX-i

コメント(1)

  1. Seibe

    丁寧な記事で、大変参考になりました。
    ありがとうございました。

コメントする

ついったー